大事な大事な工事

家で一番大事なことってなんでしょうか?

自分が思うのはやっぱり頑丈で安心できることではないでしょうか。

 

そのベースとなるのが文字通り基礎工事。基礎は鉄筋を組んでコンクリートを打設するのですが、一度施工すると直すこともできないので間違いは厳禁。

そうなりますとコンクリート打設前の鉄筋を組むことは最重要と言っても過言ではないと思ってます。

 

 

 

 

 

 

写真のとおり綺麗に組めているのは勿論のこと、鉄筋の間隔・枠からの離れ・(下に敷いている)防水シートからしっかりと浮いていること…等々細かいチェックをしコンクリートを打設します。

 

 

 

 

 

 

ただしっかりとしたものを作りさえすればいいのが工事ではないです。

今回はその対応で下の写真のものを敷きました。

 

 

 

 

 

 

見て直ぐにわかるかと思いますが、現場の泥をなるべき道路に引っ張らないように車両の入るところに養生の板を敷いています。

このような一つのことがスムーズな工事につながるのでしっかりとやっていかないといけないですよね。

そしてその気遣いを普通のこととして準備する現場監督にも感謝です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bookmark the permalink.

Comments are closed